2020年7月28日火曜日

【機内誌「DREAM3776」連載】『日本のいいもの』夏号(新潟県)












*
*
*
【機内誌『DREAM3776』連載】

季刊誌、フジドリームエアラインズ様の機内誌「DREAM3776」の連載、
「日本のいいもの」夏号の絵を担当させていただきました。 
(デザイン: 櫻井事務所さん)

毎号、日本の各県がとりあげられます。
今回は新潟県です。

豪雪との暮らし。
苦労と忍耐の歴史ですが、
その風土から愛すべきものが
たくさん生まれたのですね。

「三角だるま」は
赤の大きな方を妻に見立てるというのが
おもしろく思います。
離婚率が全国一低いという県民性のようなものが
出ているのかな。




- - -
◆webサイト→ http://www.mireiyamaguchi.com
◆instagram→ mirei_yamaguchi
◆facebook→ https://www.facebook.com/mireiya301


2020年7月27日月曜日

ただいまー / おかえりー



















*
*

ただいまー
おかえりー

ずいぶんと前、たぶんもう10年くらいも前に描いた絵、と字。
確かこれは「家族」がテーマのポスターコンペのためのものだった。

昔に描いたものは今より稚拙だけれども
またこんなふうに描いてみたいなーと思うことも。
でも、なかなか同じようには描けない。
変わっていないようで変わっています。

3歳のはーちゃん。
彼にとって
家が、家族が、いつもいつまでも「ただいまー」と安心して帰ってこられる場所であったらいいな。



- - -
◆webサイト→ http://www.mireiyamaguchi.com
◆instagram→ mirei_yamaguchi
◆facebook→ https://www.facebook.com/mireiya301

2020年7月15日水曜日

5月のカードはそら豆でした。




















5月のカードのご紹介がまだでした。
そら豆のスープです。
もう枝豆の季節ですね。

そら豆はお高いのであまり買えないけれど
外出もしないのでたまには、と茹でると
あっという間に全部、くいしんぼう・はーちゃんがたいらげてしまいます。
(ひと粒、ふた粒だけ分けてくれました。)
ポタージュは憧れ。

カードを取り扱ってくださるカフェ「catnap」さん、
「焼き菓子屋さん」として営業していらっしゃいましたが再開しています。
焼き菓子は連日売り切れになるほどの
人気でした。

*

「catnap」
相模原市橋本のゆっくり のんびり くつろぎカフェ
JR横浜線、京王線の橋本駅から歩いて少し
http://catnap.mobi

どうぞよろしくお願い申し上げます。



- - -
◆webサイト→ http://www.mireiyamaguchi.com
◆instagram→ mirei_yamaguchi
◆facebook→ https://www.facebook.com/mireiya301

2020年7月1日水曜日

雨 / 6月のカードでした。





































6月半ば
関東も梅雨入りしました。

雨も、雨の日も楽しみたい。
3歳の子どもは雨がおもしろくてしかたがないみたいです。

相模原市橋本にあるカフェ「catnap」さんで
ポストカードを月替わりで販売いただいています。

「catnap」
相模原市橋本のゆっくり のんびり くつろぎカフェ
JR横浜線、京王線の橋本駅から歩いて少し
http://catnap.mobi

どうぞよろしくお願い申し上げます。


- - -
◆webサイト→ http://www.mireiyamaguchi.com
◆instagram→ mirei_yamaguchi
◆facebook→ https://www.facebook.com/mireiya301

2020年5月3日日曜日

アマビエさま









もう少ししたら

きっと
新しい、楽しい世の中がくるからね、

それまであと少し
がんばるんじゃよー

アマビエさまイメージ ^ ^



- - -
◆webサイト→ http://www.mireiyamaguchi.com
◆instagram→ mirei_yamaguchi
◆facebook→ https://www.facebook.com/mireiya301


2020年4月24日金曜日

はーって いのち?





















息子はーちゃん(3歳)のお話です。


- - -
はーって いのち?

そんなことを聞かれた。
そうだねー、いのちだね。

はーちゃんの質問は続く。
いのちって なあに?

むずかしい質問です。


- - -
絵のはーちゃんはちょっと(だいぶ?)
ふてぶてしくなってしまいました。
ごめんよ、はーちゃん。

2020年4月20日月曜日

【機内誌「DREAM3776」連載】出雲(島根県)



フジドリームエアラインズ様の機内誌「DREAM3776」の連載、
「日本のいいもの」春号の絵を担当させていただきました。 
(デザイン櫻井事務所さん)


毎号、日本の各県がとりあげられます。
今回は出雲(島根県)です。
神様の国ですね。


「出雲では、いにしえと今が驚くほど近い。」

古代の人々が手にしていたであろう勾玉が、
今も変わらず作られていたり、
3世紀頃から始まったという「たたら製鉄」の炎が今も奥出雲で燃え続けているとか。
ちょっと思いを馳せるだけで
不思議な気持ちがしてきます。


毎号思いますが、その土地土地の風土に根ざした特産品があるのですね。
ぜひ末永く伝わっていきますように、と思います。


季刊です。
次号は何県でしょう。














4月のカード/さくらんぼのジャム作り



4月。
さくらんぼのジャム作り。


わがやのジューンベリーは
あっという間に満開になり、
あっという間に散ってしまったけれど
これから実ができるのが楽しみ。
はーちゃんに食べ尽くされる前にジャム作りできるかな。


カードは相模原市橋本にあるカフェ「catnap」さんで
月替わりで販売いただいています。
最近は朝〜午前中のオープンなど工夫されての営業のようです。
ブログでご確認いただければ幸いです。


「catnap」
相模原市橋本のゆっくり のんびり くつろぎカフェ
JR横浜線、京王線の橋本駅から歩いて少し
http://catnap.mobi


どうぞよろしくお願い申し上げます。




万城食品 / ブランドブック




創業60年、わさびメーカー・万城食品さんのブランドブック、
イラストと描き文字を担当させていただきました。
全社員の方々、お取引先に配布される冊子です。

私の写真がへたで悲しいのですが、
少しざらっとしたあたたかな手触りの紙も、
赤い糸での綴じもすてきだなと思います。

ブランドブック企画のはじまりに
会社のコーポレートイメージってどんなだろう、、と想像した時に私のイラストが浮かんだとのこと、
とても感激しました。


万城食品さんとの出会いは約2年前、
webサイトの特設サイトのイラストレーションを担当させていただいたことからでした。
https://www.banjo.co.jp/banjowasabi


自社と自社製品に誇りと自信を持ってお仕事に取り組まれている姿勢がすてきで、
今回もまた私も凛とした気持ちにさせていただきました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
思い出として、、
マグロ丼がなかなかうまく描けないでいたところ、
お義母さんが柵を買ってくれ、みんなで ああでもない・こうでもない と言いながらマグロ丼を作って写真を撮ったり、
またまたうまく描けないスーツ姿のために、
私服勤務のためにふだん使っていないスーツを奥から引っ張り出してきて家族に着せてポージングしてもらったり。
息子はーちゃんには行きたくない保育園でがんばってもらったり、、
いろいろ大変だったような気もするけれど、よい思い出ですか










































2月のカード/チーズケーキ



チーズケーキを描きました。
友人の「パワーフード」だそうで、
さらに元気を送れたらよいなーと思って描きました。
Catnapさんのチーズケーキです。


相模原市橋本にあるカフェ「catnap」さん。
ポストカードを月替わりで販売いただいてます。


JR横浜線、京王線の橋本駅から歩いて少し。
http://catnap.mobi


どうぞよろしくお願い申し上げます。





【機内誌「DREAM3776」連載】土佐(高知県)


【機内誌「DREAM3776」連載】

フジドリームエアラインズ様の機内誌「DREAM3776」の連載、
「日本のいいもの」冬号の絵を担当させていただきました。
(デザイン: 櫻井事務所さん)

毎号、日本の各県がとりあげられます。
今回は土佐(高知県)です。

日本のこと、和、を描くのが楽しくなってきました。
日本のいいもの、地域の特産の良さが伝わりますように。

季刊です。
*
*
*








【装画/本文挿絵】 『幸せはあなたの心が決める』

*
*
『幸せはあなたの心が決める』
渡辺和子さん/著

文庫になりました。
2015年に出版された親本と同じ絵を装画や本文に使っていただいています。

文庫化に際し、描き下ろす案もありましたが、
故・渡辺先生がりんごの絵をとても気に入って下さっていたことなどにより再びの登場となりました。

私にとって初めての装画でした。
様々な思い出があります。

装丁は石間淳さんです。

どうか多くの方のお手に届きますように、と思います。
*
*
*






2020 よろしくお願い申し上げます

今年はなかなかブログ更新できないままに
なんと4月も後半。

こんな時勢になるとは想像もしていませんでした。

なるべく笑って
免疫力を上げて過ごしたいと
思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。